徒競走の撮影の時のポイント

徒競走の撮影の時のポイント

徒競走の撮影の時のポイント

先日は娘達が通う小学校の運動会がありました。快晴の中行われたので、青い空がとってもきれいでした。
運動会といえば、カメラやビデオ撮影です。親はこの日のために一眼レフを買ったといっても過言ではないと思います。
うちもそのタイプです。お探しの情報はカメラ買取を参考にしています

 

一眼レフに望遠レンズをつけている人が多かったですが、うち広角と望遠の両方のレンズが1個になっているタイプなんです。
なので、付け替える手間がないので、近くも遠くも撮影することができます。
砂埃がひどく舞っている校庭でレンズの付け替えはしたくないので、こういうタイプのレンズは非常に助かります。
撮影する中で一番力が入った子どもの競技は、徒競走です。
デジカメだと素早い動きにピントを合わせるのがなかなか大変ですが、一眼レフはすぐにピントが合ってくれるので助かります。
そして、徒競走の時は必ず連写モードにして撮影します。撮影する場所は、ゴール真正面にあるちょっと離れた山の上からです。
子どもの表情がずっと見えて、ベストショットを撮影することができました。


ホーム RSS購読 サイトマップ